水泳 自由形 クロールのコツ

水泳 自由形 クロールについて、泳ぎ方のコツをご紹介してます。水泳スピードアップ!プログラム(アテネ五輪代表森隆弘監修)DVD2枚組の内容をご案内しています。

水泳 自由形 クロールのコツ

水泳スピードアップ!プログラム・トップイメージ

水泳 自由形 クロールのコツについてご紹介します。

自由形でもっとも大切なポイント

おへそを中心に動かさないように、常に下に向くように意識して泳ぐこと。

指の使い方

手の指を全て閉じるのではなく、軽く○と○は力を入れずに添えるようにする。

呼吸のタイミング

○と○を一緒に動かして○するようにする。

ローリング

自由形で一番大切。

体幹を○しないようにする。

キックのコツ

足の親指を擦る、という感じではなく、○を使用しているように○を閉じた状態でキックを打つように。

自由形の姿勢

おへその部分を○するように注意する。

息の吐き方

息を吐くのはとても重要。

○を全て出すようにする。

○を止めないようにする。

手の伸ばし方

手を伸ばそうと意識するのではなく、○の部分を伸ばすようにする。

目線

目線は必ず○を見るようにする。

1日の練習終わりには、目線が○になるように再確認する。

詳細はコチラ 水泳スピードアップ・プログラム

内容がわかってしまうので、文章の一部に○を使っています。ご理解下さい。