水泳 背泳ぎのコツ

水泳 背泳ぎについて、泳ぎ方のコツをご紹介しています。水泳スピードアップ!プログラム(アテネ五輪代表森隆弘監修)DVD2枚組の内容をご案内しています。

水泳 背泳ぎのコツ

水泳スピードアップ!プログラム・トップイメージ

水泳 背泳ぎのコツについてご紹介します。

背泳ぎでもっとも大切なポイント

シンプルに泳ぐことが大切。

伸びたものをそのまま真っ直ぐカクようにする。

手を後ろにしたり、肩をあげたりしない。

身体の軌道を確認する

手が入水したら、○を戻す。

おへそを○に向ける。

リカバリーを先にする

手の入水を早く深くする。

呼吸のタイミング

呼吸は○にあわせる。

手と足のタイミング

片方の手が入水した時

同じ方の脚が入るようにする。

各人のクセもあり右か左かとちらか、

自分のやりやすい方でタイミングを合わせる。

強弱をつけてキックする

手と足のタイミングがあっている方の

脚を強くけるようにする。

指の使い方

入水した時に、○指をつける。

カク時に、○指をつける。

腕を入水させる時の注意点

腕を入水するときに○を開くように意識する。

カク時は、○を閉じるように意識する。

姿勢

正しい形は、顎を引いて、身体を斜めにする。

詳細はコチラ 水泳スピードアップ・プログラム

内容がわかってしまうので、文章の一部に○を使っています。ご理解下さい。