ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」(森本光洋)の評判

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」(森本光洋)なら、上手に最新のスイング理論を取り入れて、ゴルフクラブの進化の恩恵を常に味わえる等の評判をご紹介しています。

リズムシンクロ打法はしなりを活用したゴルフ

ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」(森本光洋)の評判

リズムシンクロ打法は、しなりを活用したゴルフです。

年齢を取ると共にゴルフの飛距離は落ちていく感じはしませんか。

クラブを新しくしても、打ちっぱなしで一生懸命に練習ボールを打っていても飛距離は伸びない場合も多くなってきます。

飛距離は落ちる一方になってしまう場合もあります。

年齢と共に飛距離が落ちていくのはしょうがないと半ば諦めていませんか。

諦めないで、少し考えてみる時間をとってみる気持ちはありませんか。

詳細コチラ  ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

ゴルフクラブは凄いスピードで進化

ゴルフクラブは凄いスピードで進化し続けています。

ウッドについて見た場合ですが、材質自体が木からメタル、さらにチタンへと進歩してきました。

更に材質が変わっただけでなく、大きさもどんどん大きくなってきています。

今ではヘッドの大きさが450cc位のものが主流になっています。

次に、アイアンについても、比較的小さなマッスルバック型のものから大きなヘッドのキャビティ型へと変貌しています。

アイアンもだいぶ形が変わってしまいました。

現代のゴルフクラブは、ごく平均的なアマチュアのゴルファーの方でも、昔のクラブと比較すると遙かに飛距離が出やすく作られています。

モダンゴルフの著者として、ゴルフの歴史に名前を残しているベンホーガンが活躍した時代とはゴルフ自体が別物になったという事です。

詳細コチラ  ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

スイング自体は進歩していない

ゴルフクラブがどんどん進化していても、あなたのゴルフスイングは、ウッドのゴルフクラブの時代からあまり進歩していないのではないですか。

実は、この辺りが
・飛距離が伸びない、
・方向が定まらない、
・スイング自体が安定しない
という悩みの原因になっていると思いませんか。

道具が進化しているにも関わらず、最新のゴルフクラブの性能を十分に引き出す事が出来ていない。

クラブの性能をフルに引き出す事が出来れば、飛距離は、簡単に伸びるようになります。

詳細コチラ  ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

シャフトのしなりを最も上手に活用していく必要あり

現代のゴルフで、とても大切なことはゴルフクラブの進化している性能を上手に引き出して自分のものにする事です。

ドンドンと自分のものにしていけば、体力的な衰えや体格のハンデは関係なくなってくると思いませんか。

昔は、クラブも短くて、ヘッドも小さく、シャフトもとても硬いもので鉄の棒のようでした。

でも現代は、クラブは長くなり、ヘッドも大きく、シャフトも陸上競技の走り高跳びのポールのようにシナルようになりました。

そうなんです。

シャフトの性能が向上しているのですから、ゴルフスイングもそのシナリを最大限に利用するように、スイングから変えて、バージョンアップする必要があります。

ゴルフスイングの上達の秘訣は、自分のスイングに一定のリズムを確保して、シャフトのしなり上手に活用していく事です。

ゴルフの道具は日々進化していますので、その進化を100%引き出して、活用するスイングを身に付ける事が出来るようになります。

詳細コチラ  ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」

原点に戻って飛距離を伸ばす

今までに経験したことのない飛距離とショットの正確性を手に入れたいと思いませんか。

飛距離があり正確なショットの秘訣がある事に気付いているプレーヤーはまだ少ないです。

体格や年齢から飛距離を出すことをあきらめてしまい、グリーン周辺で上手にまとめようとしているプレーヤーの方がとても沢山います。

一度原点に戻って飛距離を伸ばして、スコアアップするゴルフを体感してほしいと思います。

究極リズムシンクロ打法なら、上手に最新のスイング理論を取り入れて、ゴルフクラブの常なる進化を体験する事が出来ます。

詳細コチラ  ゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」